初めての撮影です|七五三の記念に撮影で瞬間を残そう|戻らない日々が甦る
写真

七五三の記念に撮影で瞬間を残そう|戻らない日々が甦る

初めての撮影です

親子

体調を考慮しながら

赤ちゃんが生まれてから約1ヶ月くらい経過した頃、神様に赤ちゃんの無事の誕生をご報告し、健やかなる成長をお願いするための行事がお宮参りです。このお宮参りは男の子の場合は生後31日目、そして女の子の場合は生後32日目に行うのが一般的だと言われています。そしてこのお宮参りの記念として写真撮影をするのが一般的です。このお宮参りと写真撮影を同日に行うのがかつては当たり前のこととなっていましたが、最近ではそれぞれを別日にする方が増えてきています。あまりにも長い時間をかけてしまうと拘束時間が長くなってしまい、赤ちゃんへかなりの負担となってしまいますので、体調を考慮しながらそれぞれ別の日に行うのが一般的となってきています。

あまり時間をかけないこと

生まれてから初めての写真撮影ということで、親としてはたくさん可愛らしい姿を残しておきたいと思ってしまいますが、あまりにも何度も着替えさせてしまったり、時間が長くなってしまうと赤ちゃんの疲労が心配です。ですから赤ちゃんの体力、体調を優先しながらあまり長丁場にならないように、素早く写真撮影することをおすすめいたします。写真撮影は写真館などのスタジオで行う場合が圧倒的に多いですが、出張依頼で撮影をすることも出来ます。どちらが良いのかよく考えるようにしましょう。また、赤ちゃんの写真撮影をする時にはあまり時間をかけないというのは先ほど述べましたが、その他に授乳やミルクなどでお腹を満たしておくと、ご機嫌な時間が長くなるでしょう。